エキシビション

つながる湾プロジェクトの活動の成果をより広く共有するため、
年1回程度、フォーラムや展覧会を開催しています。

  • 海辺の記憶をたどる旅展2015
  • 海辺の記憶をたどる旅展2015
  • 海辺の記憶をたどる旅展2015
  • 浦戸食堂
  • 浦戸食堂
  • 浦戸食堂
  • 浦戸食堂
  • 浦戸食堂
  • 浦戸食堂
  • 浦戸食堂
  • 浦戸食堂

海辺の記憶をたどる旅展2015 –多レ賀城–

2014年に好評だった「旅展」。
2015年のテーマは「多賀城と湾のつながり」です。

「多賀城」は、1300年前、松島湾の背後の高台に存在した古代日本の要衝。
実は、この「多賀城」は松島湾と深い関係にありました。
今、松島湾の海辺に生きる私たちは、そこから何を見つけられるでしょう?

参加者のみなさんと一緒に海辺の記憶を旅する、一日限りの体験展示プログラムです。

プログラム

2015
日時:2015年12月19日
時間:11:00〜17:00
場所:塩竈市公民館本町分室大講堂
  • 湾の記憶をたどる旅スゴロク
  • 湾の記憶をたどる旅スゴロク 大スゴロク大会
  • 「そらあみ」体験ワークショップ
  • 浦戸諸島 海底タイムカプセル —タイムポストに手紙を投函—
  • 語り継ぎのためのワークショップ「アリューシャン列島の島民が身に着けていた耳飾り・首飾りづくり」
  • 石巻日日こども新聞 紙芝居
  • 多賀城市子ども親善使節団 活動報告
  • クロストーク「空間の記憶をつなぐ」
  • 主催:つながる湾プロジェクト運営委員会、東京都、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)
  • 共催:塩竈市、多賀城市
  • 協力:ビルドフルーガス、一般社団法人チガノウラカゼコミュニティ
  • ※本事業はArt Support Tohoku-Tokyo(東京都による芸術文化を活用した被災地支援事業)として行われました。

アーカイブ

  • 海辺の記憶をたどる旅展
    2014年
  • つながる湾フォーラム
    2013年
  • 海辺の記憶をたどる旅展(2014年)

    2013〜2014年度につながる湾プロジェクトを通して得た湾の財産を一堂に集めた、参加型の企画展。湾の記憶を疑似体験できるすごろくを会場の中央に設置し、周囲には各プロジェクトにより制作した作品を展示したりワークショップブースを設け、関連トークイベントも行いました。

    プログラム

    2014
    日時:2014年12月21日
    時間:11:00〜17:00
    場所:塩竈市公民館本町分室大講堂
    • 湾の記憶をたどる旅すごろく
    • チーム wan 勉強会展示
    • 特別講演「松島湾沿岸の貝塚と塩づくり」講師:奥松島縄文村館長 菅原弘樹氏
    • 同居湾 写真展&トーク
    • 語り継ぎのためのワークショップ「ロシア皇帝・アレクサンドル一世が身につけていた勲章をつくろう!」
    • 「そらあみ」体験ワークショップ
    • クロストーク「記憶をつなぐこと」
    • 海辺の記憶をたどる旅展
    • 海辺の記憶をたどる旅展
    • 海辺の記憶をたどる旅展
    • 海辺の記憶をたどる旅展
    • 主催:ビルドフルーガス+一般社団法人チガノウラカゼコミュニティ、えずこ芸術のまち創造実行委員会、
      東京都、東京文化発信プロジェクト室(公益財団法人東京都歴史文化財団)
    • 共催:塩竈市
    • 運営:つながる湾プロジェクト運営委員会
    • ※本事業はArt Support Tohoku-Tokyo(東京都による芸術文化を活用した被災地支援事業)として行われました。
  • つながる湾フォーラム 〜海・種・記憶〜(2013年)

    2013年6月、「種は船」プロジェクトのチームが塩竈へやってきたことをきっかけに始まったつながる湾プロジェクト。半年後の12月に開催した「つながる湾フォーラム」は、彼らとの交流を通して私たちが見つけた海辺の記憶をより多くの人々と共有するために企画・開催した学びと対話の場です。

    1日目は、「種は船」プロジェクトの活動内容の紹介とともに、チームwan勉強会のテーマの中からより重要と思われる内容を選んで講師の方に講演していただき、「海・種・記憶」をテーマに会場のみなさんと一緒にディスカッションをしました。2日目は浦戸諸島寒風沢島に場所を移し、日本で初めて世界一周をした浦戸諸島の漁民の物語を伝える「語り継ぎのためのリーディング」発表を行うとともに、物語の舞台となった場所を歩いて島と海を体感しました。

    さまざまな場面で活動に参加してくださったみなさんをはじめ、これまでは出会わなかったような老若男女さまざまな方にご参加いただき、この活動の意義を確かめることができました。

    プログラム

    2013-1day
    • 日時:2013年12月7日
    • 時間:13:00〜16:45
    • 場所:ふれあいエスプ塩竈 エスプホール
    • 基調講演 「日本列島孤の水の文化(講師:山田創平)」
    • 活動紹介「『種は船』プロジェクト」「リエゾンキッチン」
    • パネルディスカッション「海・種・記憶」
    • 展示「TANeFUNe in浦戸諸島」
    • 「そらあみ」体験ワークショップ
    2013-2day
    • 日時:2013年12月8日
    • 時間:10:40〜14:00
    • 場所:民宿外川屋(浦戸諸島寒風沢島)
    • 語り継ぎのためのリーディング「海よりも風よりも」発表
    • 寒風沢島散策
    • つながる湾フォーラム
    • つながる湾フォーラム
    • つながる湾フォーラム
    • つながる湾フォーラム
    • つながる湾フォーラム
    • つながる湾フォーラム
    • つながる湾フォーラム
    • つながる湾フォーラム
    • 主催:ビルドフルーガス+一般社団法人チガノウラカゼコミュニティ、一般社団法人torindo、えずこ芸術のまち創造実行委員会、
      東京都、東京文化発信プロジェクト室(公益財団法人東京都歴史文化財団)
    • ※本事業はArt Support Tohoku-Tokyo(東京都による芸術文化を活用した被災地支援事業)として行われました。