「湾をめぐるパスポート2019」のプログラムが始まります。

投稿日:2019.06.27 【湾をめぐるパスポート】

「つながる湾プロジェクト」では昨年につづき、松島湾の四季折々のアクティビティを体験できる「湾をめぐるパスポート2019」を発行しました。塩竈市杉村惇美術館、多賀城市民活動サポートセンター、奥松島縄文村歴史資料館などで無料配布中です。

 

今年度は、パスポートで参加できるアクティビティとして

①浦戸のマリンレジャー 鰐ケ淵水道を渡る(8/1~8/3)

②仙台白菜の種づくり(8/31)

③ハゼの数珠釣りと焼き干しづくり(数珠釣り9/28~9/29、焼き干しづくり12/1)

④多賀城古代米を知ろう(10月中下旬)

の4つを開催予定です。

ぜひこれらのアクティビティに参加して、パスポートにスタンプを集めましょう(パスポートは、各アクティビティの会場でも入手できます)。

各アクティビティの詳細は、順次、フェイスブックや「つながる湾プロジェクト」ホームページhttp://tsunagaruwan.com に掲載するのでお見逃しなく。

 

また、2020年1月25日には、松島湾の文化を感じることのできる素材、体験、情報が集まる「文化交流市場」を開催予定です。(昨年度の様子 →http://tsunagaruwan.com/archives/1356 )

4つのアクティビティや関連イベント(※)に参加してスタンプを押したパスポートを「文化交流市場」に持参すると特典があります。こちらもお楽しみに。

 

※「つながる湾プロジェクト」主催の4つのアクティビティのほかに、松島湾周辺で開催されるさまざまなイベントでパスポートにスタンプを押すことができます。最初の該当イベントは7/4~7/6に塩竈市で開催される「藻塩焼神事」で、7/6に御釜神社にスタンプを設置予定です。